2006年6月9日

カット屋さんM.M.のお品書き

「9条ネコさん」を書いてくれた娘ですが、「お品書き」も作ってました。


資本主義社会で暮らしているんですから、作品への対価要求は正当ですね。これなら食いはぐれることもないでしょう。しっかりがんばっておくれ。

でも、もうちょっと国語のお勉強もしなくてはね*



* 「ご気望」じゃなくて「ご希望」1)、「時間体」じゃなくて「時間帯」2)だよ。

1) 」という字は「ねがう」という意味があるから、「望」で「ねがって、のぞむ」という意味。
日本国憲法第9条の1項に、
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に求し
と書いてあるけど、ここの「希求」は「ねがって、もとめる」という意味だよ。
でも、ただ、「ねがって」いるだけではダメなんだ。同じように「平和をねがう」憲法なら、たいていの国にある。日本国憲法9条がすごい!といわれているのは、その「ねがい」を実現するための具体的な手立てを決めていることなんだ。「戦力」(軍隊など)と「交戦権」(戦争をする権利)を放棄する(捨て去る)と決めている。それが第2項。
(2)前項の目的を達するために、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
このことは、よくおぼえておいておくれ。

2) 「帯」という字は、幅のあるものを指しているから、時間の幅をいうなら「時間帯」。「体」って数学では、足し算・引き算、かけ算・割り算がぜんぶできるものの集まりのこと。時間の足し算・引き算、かけ算・割り算ってなんだろう。ちょっとロマンティックだね。

字を覚えるには、まず、本をたくさん読むこと。それから、お父さんの長~い話をガマンして最後まで聞くことも、役にたつかな(^_^)

1 件のコメント:

レスポワ さんのコメント...

こんにちは。
なんだかお父さんのやさしさが伝わってくきますね。
娘さん本当に、絵がうまい。
おいくつでしたっけ?
あれ?書いてたらごめんなさい。
9条は変えて欲しくないですね。
戦争で犠牲になるのはいつも弱者ですからね。