2006年9月24日

2973<2974<<6599*n

2973人: 「9.11 米同時多発テロ」での死者
2974人: 22日までのアフガニスタン戦争とイラク戦争での米兵の死者
6599人: ことし7,8月のイラク民間人の死者

「朝日」9月23日付がAP通信の独自集計を紹介しています。
イラク民間人死者数は国連の発表にもとづくものとのこと。

いいですか? イラク民間人の死者数はこの2箇月分ですよ。たったの2箇月で阪神・淡路大震災による死者6434人を越える命が奪われています。ちょっと信じがたいです。

戦闘だけでなく、治安悪化、テロによる死者も多数なんでしょうけれど、テロリストをのさばらせる結果を生んだのは、米国によるイラク社会の破壊でしょう。

ブッシュ大統領が「十字軍」を気取って始めたこの2つの戦争に巻き込まれて亡くなったアフガニスタン、イラク両国の民間人はいったい総計何人なんでしょう? これは「報復」どころではありませんが(イラクと9.11テロとは無関係なので、二重の意味で「報復ではない」です)、そもそも「報復のための十字軍」がありえるのでしょうか?

私自身の勉強のために『Nova Vulgata』*から引いておきます。(Luc.6)
27 Sed vobis dico, qui auditis: Diligite inimicos vestros, bene facite his, qui vos oderunt;
28 benedicite male dicentibus vobis, orate pro calumniantibus vos.
29 Ei, qui te percutit in maxillam, praebe et alteram; et ab eo, qui aufert tibi vestimentum, etiam tunicam noli prohibere.
その続きにはさらにこんなことも書かれています。
37 Et nolite iudicare et non iudicabimini; et nolite condemnare et non condemnabimini...


目の中に丸太があるのに気づいていないのは私の方なんでしょうか?

*http://www.vatican.va/archive/bible/nova_vulgata/documents/nova-vulgata_novum-testamentum_lt.html
なお、私はまだこれを読めませんが、プロテスタントとはいえ、Yale Univ.出の大統領ならなんなく読めるでしょう。

0 件のコメント: