2017年1月20日

ちょいスクリプト:註合い印の番号を変更する

InDesignで本文中の註合い印をルビ「(註番号)」の形式で付けていると、著者校で註が追加されたり削除されたりするのに従って、合い印の番号もずらさなければいけない。

一箇所ずつルビを編集していけばいいのだけど、番号を書き換えるスクリプトを書いてみた。この例では註番号を「2」増やす。

var oldNum = app.activeDocument.selection[0].rubyString.replace(/[()]/g,"");
var newNum = String(parseInt(oldNum) + 2);
app.activeDocument.selection[0].rubyString = "(" + newNum + ")";

もともと、合い印のところは文字スタイルを当てている(ルビの文字サイズを通常のルビより大きくし、位置も下揃えにしている)ので、文字スタイルを検索し、見つけたところで上のスクリプトをあてる(ショートカットを設定しておくと楽)。もちろん、手動で選択したところにあててもいい。


《何をやっているかというと…》
  1. 検索などで選択された文字のルビ文字列(rubyString)からreplace関数で前後のパーレンを取って、変数oldNumに代入。
  2. oldNumは文字列なので足し算をするためにparseInt関数で数値に変え、増減値(この場合2)を加えて、String関数で文字列に戻して、newNumに代入。
  3. 検索で選択された文字のルビ文字列として、前後にパーレンを付けたnewNumを指定する。

0 件のコメント: