2016年10月28日

InDesignもワンライナーで行こう

活版時代の縦組みでは、本文中の括弧内などに本文より小さい活字が入る場合、右寄セ組(InDesignの用語だと「文字揃え=仮想ボディの右」)としていた。
活版ならではの物理的制限からきた習慣なのだろうけど、それをInDesignで再現しようとすると、縦中横など90度回転させたものの文字揃えが中央のままになってしまう。



これを他の文字同様、仮想ボディの右で揃えるには、文字パレットのオプションにある縦中横設定で「左右位置」を補正すればよい。本文が9ポ、括弧書きが8ポなら左右位置を0.5ポにすればよい。





でも、何箇所もあるから、縦中横設定パネルをいちいち出して、いちいち補正値を入力するのは大変。
修正箇所は検索パネルで探して(すると修正箇所が選択状態になる)、そこに、たった1行のこのスクリプトを当てればいいのだ。
app.activeDocument.selection[0].tatechuyokoYOffset = 0.5;

(文字の並び方向がX軸なので、縦組みの場合、左右方向はY軸になる。ややこしい)

修正箇所の検索までスクリプトで行おうとすると、例外の扱いとかややこしいけど、検索パネルと組み合わせれば、とても簡単。スクリプトにショートカットを設定しておけば、さらに手数は少なくて済むのだ。どう?

0 件のコメント: