2015年3月25日

陽当たりのよい道

幹線道路から右へそれると、ごく緩やかな登り坂。

車は通らない。舗装もされていない。道の両側は畔のようにきれいに刈ってある。

明るい穏やかな陽がさしている。

坂のてっぺん(あまり緩やかなのでてっぺんともいいにくいけど)の右側に参道の入り口がある。尾根が平地に降りきるその少し上を横ぎる形で坂道が通っていて、その尾根にそって参道が登っているわけだ。

参道の入り口には灯篭や松並木があるだけで、鳥居や山門はない。お寺なのかお宮さんなのか分からない。




……これもいつだったか、うたたねで見た夢。ここには行ったことがない。どこなのか、それすら分からない。夢では坂道の途中から参道の方を眺めているだけ。その明るい陽の中でぼんやり喜んでいる。

ひいおばあさんが古布などを入れていたみかん箱ほどの木箱に、高野山だろうか、お寺がいくつもある山の絵が貼ってあった。その中の道なのかもしれない。


……いつか私がその参道を登っていく日が来るんだろうな。向こうで母が待っているかもしれない。


0 件のコメント: