2006年10月6日

カット屋さんM.M.月へ行く

うちの娘(カット屋さんM.M.)が算数の宿題をやっていました。
月までの距離は38万4千km。時速25kmの自転車で行くと何日かかるでしょう?

M.M.曰く「月まで自転車で行けるんや!」「…!」

どうも、空に見えている月まで「自転車で行ける」ことに感動してしまって、計算を忘れています。

「ほらほら、時速25kmいうのは1時間で25km進めるいうことやろ...」「何時間で1日や?」と助け舟を出してやると…

「640日?」「2年ほどで行けるんや!」とまた感動しています。

そばで寝転がってテレビを見ていた長男が「あほか。1日中、自転車漕いでられるわけないやろ」と、高校生らしい“的確な批判”をよこすので、「じゃあ、1日8時間漕ぐとしてみたらどうかな?…」とアドバイスする不適格な父(つまり私)。

M.M.は月へたどりつけるのでしょうか?

0 件のコメント: