2012年6月23日

雨の中で

たまにはblogも書こう。

くたびれてちょっと早めに帰る電車。私は雨の中に立っている。

現実のきょうは梅雨も中休み。だけど、脳裏は雨が降っている。足もとは泥。カッパじゃなくて昔風の外套。目の詰まったフェルトなんだろうか。雲からまっすぐまっすぐ流れ落ちる雨のなかに私が立っている。

誰かに話しかけている。馬か牛のにおい、泥と草のにおいがする。でも、鳴き声も姿もない。自分の声も。ずいぶん降っているはずの雨の音もしない。

誰と話しているのか。あたたかい。


……新しい白昼夢なので記録しておく。分析は不要です。



0 件のコメント: